1. 毎月の光熱費が大幅に節約できる。
パネルは40年以上発電実績、オール電化と組合せるとさらに向上。
2. 自宅で電気を作り、余った電力を売却も可能です。
日々発電量をモニタで確認出来ます。
3. 発電時、廃棄物や二酸化炭素がでない
環境にとてもクリーンで地球温暖化に貢献も。
4. 各種政府・地域補助金がある
地域によって内容が変わります、年々減少傾向にあるので早期施工がおすすめ。

電気代が安くなり、設置前より断然お得に電力を使用することが出来ます。
現在の社会に貴重な電力を自家発電する事はとても大きなメリットといえます。

さらに地球環境にエコで安全なエネルギーであることから
補助金も多く次世代エネルギーとして次々と導入されています。

しかし良いことだけに注目してデメリットを見逃しがち…
販売会社によっては良いことしか教えてくれない事もあるのでデメリットについても良く確認しましょう。








1. 導入コストが高い
設置場所・環境によりますが大変高価になる場合もあります。
短期的な節約は難しく、回収まで長い期間がかかります。
2. 立地条件や天候・季節により発電量が変わる
日照条件や天候により発電量が左右されます。また設置時にも十分な測量と技術をもって設置されておらずせっかくの太陽光発電システムから十分な発電がされていないケースもあります。
3. 機器の寿命やメンテナンス
太陽光発電パネルは丈夫かつ長寿命で40年以上前から継続して発電している実績があります。しかし中継に必要な部品の寿命が10年~15年が目安です。
適切な設置とメンテナンスや知識と計画が必要です。

・設置場所の太陽光の環境が本当にあっているのか、見合ったメーカーの機材が使用されるか。
・適切な予算と回収までに十分な計画が建てられるか。
・機器の寿命を含んだ計算にてプランを考えることは必須です。





設置状況で得られる利益などが大きく変わりますので
本当に住宅・予算にあったプランを設計できる販売店への相談は必須と言えます。
さらに補助金にはいくつかの申請が必要ですので、申請のサポートがしっかりしている所がおすすめです。

いざ太陽光発電を導入し発電・売電したい!と思っても実際に取り付け工事から申請まで半年程度かかる場合もあります。導入から発電までのスケジュールも相談が必要です。

詳しくは発電までの流れを御覧ください。

施工会社から見る、きちんとした施工会社の見分け方