住宅の屋根に太陽電池を設置し発電させた自家電力をパワーコンディショナーにより交流電力に変え、安全かつ容易に使える電気をつくり、電力会社からの使用量を軽減するシステムです。

CO2など環境に悪影響をおよぼす物質を出さないクリーンな発電方法のため、電気代の節約という経済的なメリットだけでなく、環境へのメリットも期待できます。さらに通常の電力会社の電力線と連携させるため、家庭内で使い切れず余った電力は電力会社に買い取ってもらえます。

太陽光発電システム(ソーラー発電システム)
(C)SANYO





上記イラストのように設置します。
太陽電池モジュールで作られた電気はパワーコンディショナによって家庭で利用できる電気に変換され、さまざまな家電製品に使用されます。

3つの構成機器:太陽電池モジュール

太陽光発電は、シリコン半導体の光電効果を利用した、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する自家発電のしくみです。




発電、売電、買電すべて自動的に運転します。
操作等の手間はかからず発電モニターで現在の発電状況が簡単に確認できます。太陽電池の表面は強化ガラスで覆われており耐久性に優れています。
メーカー各社によって保証内容に差はありますが、メーカー10年保証もあるので長期的に安心です。
イメージ画像:朝は買電/昼間は売電/夜間は発電終了


万が一、停電になった場合でも太陽光が出ている時間帯は専用コンセントから電気製品が使用出来ますので緊急時に電気が使用できるメリットがあります。




もちろんメリットだけではありません。
メリットとデメリットを分かりやすく比較しましたのでそちらも是非ご覧ください。